かれんについて

  • HOME »
  • かれんについて

「社会福祉法人かれん」のめざす ところ

 

kstaff3

ハンディのある人たちが街で働き、街で暮らす。なんの違和感もなく。これが私たちの街・社会のあり方だと考え、大倉山駅のすぐ近くに「みんなのお店」を1984年にオープンさせました。ここで働くメンバーは明るく元気いっぱいです。多くの方々の支援のもとに1997年2月には地域作業所「かれん」を2000年には「モアかれん」を2002年4月に「アートかれん」を設立することができました。そして2009年4月に地域活動支援センター「メープルかれん」を開所しました。2011年からは新体系に移行して、就労継続支援B型事業所、生活介護事業所として新たなスタートをきりました。2013年に、共同生活援助事業所「オブラディ・オブラダ」、2018年8月に、生活介護事業所「ペパーランド・コミュニティかれん」を開所しています。大倉山の地域福祉のひとつの拠点としてこれからも街のなかで根をはり福祉に対する理解を深めていきたい思いです。

「かれん」のこれまで

1984年 みんなのお店」を立ち上げる。
1997年 地域作業所「オーガニックスペースかれん」開所。
2000年 地域作業所「モアかれん」開所。
2002年 地域作業所「アートかれん」開所。
2004年 社会福祉法人化。三つの作業所は小規模通所授産施設となる。
2011年

新体系へ移行。
就労継続支援B型事業所「オーガニックスペース・モアかれん」、
生活介護事業所「アート・メープルかれん」となる。

2012年 横浜市障害児居場所づくり事業「かれんジュニア」開所。
2013年 共同生活介護事業所「オブラディ・オブラダ」(ケアホーム)開所。
2014年 「かれんジュニア」が放課後等デイサービスに移行。
「オブラディ・オブラダ」が共同生活援助事業所となる。
2016年 特定相談支援事業所「かれん相談室」開所。障害児相談支援事業の指定を受ける。
2018年 放課後デイサービス「かれんジュニア」が廃止。
生活介護事業所「ペパーランド・コミュニティかれん」開所。

情報公開

 

 

Copyright © 社会福祉法人かれん All Rights Reserved.